駿台・浜学園 関西 難関公立高校受験塾

中学生SCHOOL YEAR

中学生
  1. ホーム
  2. 中学生

難関公立高校に
進学するための
ノウハウ
がここにある

文理学科・難関公立高校に一直線で合格することだけでなく、進学後を考えた指導内容を確立しています。大阪府立高校入試問題(C問題)は、全国的にみてもハイレベルな良問です。高校に進学しても役立ち、入試でも高得点を取るための学習ノウハウに特化する塾は、駿台・浜学園だけだと自負しています。

文理学科・難関公立高校合格のために必要なこと

  1. マスト
    1
    定期テスト中心の学習から脱却

    学校の定期テストは学習定着度を確認できる大切な試験です。しかし、定期テスト前だけ集中的に学習量を増やす詰め込み学習では、本当の学力は身につきません。

    駿台・浜学園で基準の高い学習習慣を身につけた生徒は、テスト前だからといって学習時間を増やすことはなく、いつも通りの学習で望み、安定した得点を叩き出します。

    大阪府立高校入試(C問題)は、当日の試験結果がもっとも重要視されます。一発勝負でも自信をもって挑めるように、「いつも最善の準備がある」学習スタイルの定着が不可欠になります。

    ふつうの基準が高いと確実な積み上げで学力が安定します
    ふつうの基準が高いと確実な積み上げで
    学力が安定します
  2. マスト
    2
    必要な学習必要な時期に集中するカリキュラム

    いくら基準の高い学習習慣を身につけていても、5教科の各単元をいつ、どのように学習するかを中学生自身が計画するのは困難です。

    「今すべきこと」を把握せず、英単語をがむしゃらに書いて暗記する、といった無駄な時間の使い方をさせることはありません。

    生徒一人ひとりの各教科の実力を把握し、難関公立高校合格のために、「いつ」「なにを」「どのぐらい」学習すべきか、具体的なカリキュラムを組むため、合格へ直結する学習を迷うことなく進めることができます。

    勉強に迷いがなくなるアドバイス
    勉強に迷いがなくなるアドバイス
  3. マスト
    3
    生徒によって変わる中3受験期の『個別』合格戦略

    基礎的な学習法や学力が定着した中2が終わり、受験まであと1年。中3では合格戦略を具体的に進める時期になります。

    「全員合格」をめざす駿台・浜学園では、一律の戦略で個別性を無視し、生徒によってアンマッチが起こるような指導は行いません。

    全員にマッチする戦略以上に、どれだけそれぞれの生徒に合った戦略をつくれるかを重要視し、合格の可能性を引き上げます。

    難関公立高校専門、少人数制だからできるきめ細かな個別戦略は、駿台・浜学園の高い合格率につながっています。

    少人数制だからできるきめ細かな合格戦略
    少人数制だからできる
    きめ細かな合格戦略

数 学MATHEMATICS

良問・難問で身につける論理的思考力

良問・難問で身につける論理的思考力

1年間の中では、前半で基礎的な学習の定着を図り、2回目でより思考力を要する問題に挑戦していきます。質の高い難問の繰り返し訓練です。

難問に対して粘り強く考え抜くプロセスを経験し、その後にポイントを習得することで、高い論理的思考力が身につきます。

重要単元である関数・図形を1年間学習

重要単元である関数・図形を1年間学習

駿台・浜学園では、中1、中2の数学が70分×週2回あります。一方の70分を代数に、もう一方の70分を関数・図形に充てます。

入試において50%を占める関数・図形を1年通じて学習することで力をつけていくことができます。

中3では、問題を選択する力を育成

中3では、問題を選択する力を育成

60分の試験時間の中で最大限得点を伸ばすためには、解ける問題を選択できる力(見抜く力)も必要になります。作問者の立場で考えられるようになれば本物です。

中3では、問題の意図が理解できる見方を習得することにも力を入れます。

国 語NATIONAL LANGUAGE

大学入試でも通用する論理的読解法の習得

大学入試でも通用する論理的読解法の習得

駿台・浜学園の国語は、大学入試でも活用できる読解法を習得することが目標になります。

読解法とは、文章のジャンルや難易度に左右されることのない、設問分析から論理的に文章を読み解く方法です。習得すれば読解問題の得点力を安定させることができます。

記述・作文問題を攻略する論理的表現力

記述・作文問題を攻略する論理的表現力

論理的に表現する力の習得も大切な学習となります。C問題は記述・作文の比重が非常に高く、つねに「筋が通っているか」という論拠をもとにした表現を求められます。論理的読解と同じように、表現する方法を身につけます。

合教科型問題の訓練

合教科型問題の訓練

近年、国語において理科や社会など他教科の図表をもとにした設問が増加しています。

設問そのものは難しいものではないため、さまざまなジャンルの練習をすることで確実に力がついていきます。今後の変化する入試問題にも対応していきます。

英 語ENGLISH

文法が分からなくても長文が読める読解力

文法が分からなくても長文が読める読解力

これまでの中1・中2の英語学習である「大量の文法問題⇒単語の暗記⇒宿題でリスニングの練習」では、英検2級や府立入試C問題で高得点が取れません。小学生、中学1年から文章を多読する練習をすることが重要です。

駿台・浜学園では古い英語教育から脱却し、文法を理解していなくても文章が読める力を育成します。

英語を正しく聞く・話す力

英語を正しく聞く・話す力

高校入試、大学入試ともにリスニングの比率が高まっています。ただ、音源を家庭学習で宿題として聞くだけでは、C問題や英検では高得点は取れません。

正しく発音すること、ネイティブと話してアウトプットすることでリスニング力は飛躍的に向上します。授業の半分は音読読解に、週1回はネイティブとの会話練習を行い、リスニングはもちろんのこと、英検の2次試験も無理なく合格できる力をつけます。

英検2級・準1級を取得

中3の1学期までを目標に、英検2級、準1級を取得します。文理学科・難関公立高校を目標とする生徒の大半が毎年合格し、大阪府立高校の入試に挑みます。
駿台・浜学園の小学生英語、中1・中2と学習してきた生徒は、確実に英検2級・準1級合格へ導く指導ノウハウがあります。

駿台・浜学園の中3生 公立受験者の72%が英検2級を取得しています。※2021年卒業の中3校内生実績
駿台・浜学園の中3生 公立受験者の72%が英検2級を取得しています。※2021年卒業の中3校内生実績

コース紹介

中1〜中3 難関公立高校文理学科コース

コース紹介 中1〜中3 難関公立高校文理学科コース

対象学年 中1〜中3

対象高校 文理学科、春日丘高・千里高・池田高・箕面高

数学 国語 英語 理科 社会 学力診断テスト
中1 70分×2回/週 70分×1回/週 70分×2回/週 60分×1回/週 60分×1回/週 学力テスト年6回
中2 70分×2回/週 70分×1回/週 70分×2回/週 60分×1回/週 60分×1回/週 学力テスト年2回+C問題模試年3回
中3 140分×1回/週 140分×1回/週 140分×1回/週 70分×1回/週 70分×1回/週 C問題模試年5回+直前模試年5回
数学
中1
70分×2回/週
中2
70分×2回/週
中3
140分×1回/週
国語
中1
70分×1回/週
中2
70分×1回/週
中3
140分×1回/週
英語
中1
70分×2回/週
中2
70分×2回/週
中3
140分×1回/週
理科
中1
60分×1回/週
中2
60分×1回/週
中3
70分×1回/週
社会
中1
60分×1回/週
中2
60分×1回/週
中3
70分×1回/週
学力診断テスト
中1
学力テスト年6回
中2
学力テスト年3回+
C問題模試年3回
中3
C問題模試年5回+
直前模試年5回

時間割は各校舎により変わります。資料ダウンロードにて時間割をご確認ください。

closeボタン
冬期講習募集中
あすなろ学習会
ページ上部へ戻る