小学生クラス

Elementary School Students

小学1年から4年生

あすなろ学習会 
開講校 阪急豊中校

小学1年から4年生 
中学・高校でも伸び続ける学力を身に付ける

あすなろ学習会とは

『あすなろ学習会』は,独自メソッドによる10歳までに特化した学習プログラムです。

私たちは,小学校低学年,中学年においては徹底した読書習慣を確立することが,国語のみならず算数その他すべての科目の学力の土台をつくるものと考えます。

読書をたのしむこと(スローリーディング)と多読することから学力の礎を,物語創作から創造力と表現力を育みます。
また,そろばん暗算とシンガポール式算数のメソッドを生かしたビジュアル算数で,揺るぎない計算力と文章題や図形に強くなる算数のイメージ力を磨きます。
当プログラムを通じて,単なる計算問題の反復やパターン化された読解問題の演習では身につかない “本物の学力” を子どもたちに手に入れてほしいと願っております。

国語指導

「読み書き教室」指導の 3つの柱

スローリーディング(味読)

1冊を1ヶ月かけて味読します。
ゆっくりと読むことで読書の楽しさを知り、味読を通して想像力や教養力を身につけます。

ストーリー創作

自分で主人公や場面を設定して、自分だけのお話を創ります。
ゼロから創る楽しさや表現力を磨くとともに、友達と作品を共有して学び合います。

読書シェアタイム(多読)

年間50冊を目標に、好きなジャンルからさまざまな本に出会います。
読んだ作品を先生や友達と共有する時間を楽しみます。

算数指導

「そろばん暗算・ビジュアル算数教室」指導の 3つの柱

そろばん ≪そろばん暗算≫

珠算の各級取得を目的とした指導ではなく、そろばんを計算力・暗算力を磨くツールと位置づけ、早く正確に計算・暗算する力を育成します。

文章問題 ≪ビジュアル算数≫

文章の内容を絵で確認することから始め、シンガポール式算数のユニットのメソッドを取り入れ、文章題を自分で図式化して解ける力を育成します。

図形 ≪ビジュアル算数≫

積み木やパズルなどの教具を使いながら、頭の中で平面・立体をイメージして展開図やみとり図を描く力を磨き、公式がなくても理解できる図形センスを育成します。