駿台・浜学園の教育

About us

駿台・浜学園が創る、教育のかたち

2020年度からの大学入試制度改革

AI(人工知能)の急速は発展に伴い、ますますグローバル化される世界では強い好奇心や意欲、問題解決力、リーダーシップなどが求められると言われています。
このような中、2020年度から実施される大学入試においても、「知識・技能」に加えて「思考力・判断力・表現力」を中心に評価するテストに改革されていくことになります。

 

駿台・浜学園の教育のかたち

社会や新大学入試で求められる力が急激に変わる中、定期テストや高校入試で高得点を取るための「学び方、学ぶ姿勢」が問われると我々は考えます。単に機械的に指示されたことをここなしたり、暗記やパターン学習に偏重したものから脱却し、主体的になぜそうなるのか、本当にそうかを思考する力、そして自分で判断する力、そのことを他者へ論理的に表現できる力を学ぶプロセスで求めていく必要があります。

駿台・浜学園が目指す教育は「原理原則の理解」です。全授業担当講師がプロ講師(学生講師ゼロ)の対面のライブ授業にこだわるのは、このような力を引き出すためです。

駿台・浜学園の目指す教育

駿台と浜学園は小学生から大学受験まで、一貫した教育体制のなかで、「わかる喜び」を生み出す教場でありたいと考えています。おのおのが培った指導のノウハウを活用した確かな授業、確かな教材、高みをめざす仲間とともに、駿台・浜学園生には目標をもっていただきたい。その目標とは「勉強を楽しむ」こと。少人数の緊迫した授業のなかでわかる喜びを見出し、学力を身につける…そして、将来を見据え「大学でこんな勉強をやりたい!」と言える生徒を育てていきたいと考えています。授業、指導はもちろん、駿台と浜学園の情報力でみなさんをバックアップいたします。ご期待ください。

関西最難関中とは灘中・東大寺学園中・洛南高校附属中・甲陽学院中・大阪星光学院中・西大和学園中・神戸女学院中・四天王寺中を指します。

駿台の合格実績は2018年度入試における駿台グループ関連法人の在籍生および各講習生の実績であり、公開模擬試験のみの受験性は含んでおりません。